畳のお手入れ

正しい畳のお手入れとは?

新調した畳は長く使いたいものですよね。

 

畳はお手入れ次第で寿命を長くすることが
できます。

 

今回はプロが勧める畳のお手入れを
ご紹介しましょう。

 

 

●ふだんのお手入れ

 

日常的な畳のお手入れでは、掃除機を
畳の目に沿ってかけてください。

 

 

そして週に一度は乾いた雑巾で拭きます。

 

濡らした雑巾で拭くと畳のツヤがなくなる
ので必ず乾いたものを使います。

 

縁についた汚れはブラシなどでこすって
落とします。

 

春と秋の年に2回は畳を外して陰干しで
乾燥させるとより長持ちします。

 

 

●カビについて

 

畳表のイ草は天然素材です。

 

お部屋の湿気をよく吸収してくれますが、
湿度が高すぎるとイ草に湿気が溜まり、
カビが生えてしまいます。

 

 

カビは気温20℃以上、湿度60%以上で
活発に活動し始める性質があるのです。

 

 

そこで、お部屋の湿度に注意し、雨の日や
梅雨時は除湿機で湿度を調節しましょう。

 

 

●もしカビが生えたら

 

畳のカビは消毒用エタノールで落とすのが
一番良い方法です。

 

部屋を除湿して湿度を下げた後に、
雑巾に染み込ませて拭いてください。

 

 

●タバコ焦げができたら

 

黒く変色してしまうと戻せませんが、
変色した部分をセロテープで貼り、
穴が広がらないようにしましょう。

 

 

●醤油やタレをこぼしてしまった

 

汚れた箇所に小麦粉をかけ、粉に液体を
吸い取らせる方法を取ります。

 

 

その後掃除機で吸うとよいでしょう。

 

 

●いよいよ畳を張替える時期がきたら

 

畳が古くなったら、張替えを畳屋に
お願いしましょう。

 

畳の品質はお店の技術がそのまま品質と
なります。
必ず実績のあるお店を選ぶことが大切ですよ。

 

おすすめは、創業80余年の三条たたみです。

 

これまでに100万件の実績があり、
畳の1年保証や即日・1日仕上げなど
納品も素早く対応してくれます。

 

近畿、北陸、関東エリアでサービスを
展開しており、三条たたみの公式サイトから
簡単に依頼ができます。

 

はじめは無料の診断訪問をしてもらえるので、
張替えを検討している方はまず一度見て
もらいましょう。

 

畳を張替えた際は畳のお手入れを行い、
綺麗な状態で長く使いたいですね。

 

★トップページに戻る

 

 

 

 

 

 

page top